スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerMacG4から新型Mac miniへ!

 僕のMacは,2003年にアウトレット11万で買った,PowerMacintoshG4/Dual 1.25である.メモリは2GB.内蔵HDDは4台.DVD-Rドライブも増設した.
 CPUも二つあるので,ハッキリ言って実用的には十分すぎるぐらいであった.同人誌もこれでサクサク描けていた.


 だが2009年中頃より,重ための動画を再生することが増えた.
 加えて,ニコ動その他インターネットのサイトも重くなった.
 地味に,IntelのCPUでないためにATOKが最新版にアップグレードができないことも問題だった.

 一番問題だったのは,OSが10.4.11だったので,大変素晴らしいフリーソフトが使えないことだった.
 とどめはiPad.こいつは最早,OS10.5.8以降のみ対応.置いて行かれた気がした.


 じゃあOSだけアップグレードしたらいいじゃんと思われるかも知れないが,Appleはいつの間にかIntel insideになり,そうでないMacは切り捨てた.
 OSを買い換えるなら,Mac本体ごと買い換えないと処理能力的に残念なことになるだろうし,将来的には必ず本体を買い換えねばならない,Mactel化(intelの入ったMac)せねばならない.その時には,自動的に新しいOSが手に入る.なので,OSだけ買い換えるよりはMac本体ごと買い換えた方がお得である.


 買い換えるタイミングは,Adobeのソフト(PhotoShopCS3とIllustratorCS3)のライセンスが切れる時期(CS6にバージョンアップする時期),にAdobeソフトごと一気に実行しようと思っていた.


 しかし最新技術への好奇心に,僕は負けた.
 twitterでの激励も追い風だった.

 しかも狙ってたMac,Mac miniに新型が出たのである.(http://www.apple.com/jp/macmini/

 抗えなかった.


 Adobeのソフトがバージョンアップするのは来年2011年以降である.
 その間にもっといいのが出るかも知れないのに,1年程度前倒してしまった.


 しかし後悔はしていない.
 これでOSが10.6.4となり,Appleのあらゆる新技術に対応できるようになったのだから.


 とは言え,新型を買ったという気はあんまししてない.
 なぜなら,旧Macのソフトが一部使えなくなったり,部分的にストレスを感じるようになったりしたからだ.特にFinder操作は,前と速度的にほとんど変化がないと言っても良い.若干キビキビした気はするが,逆にしばらく考え込んだりするタイミングもあるので,総合的に前と同じ印象だ.
 それに,フォルダのアイコンが気に入らん.前のアイコンの方が好きだった.デチューンドされた印象を受ける.

 あとどうも,新OSと旧ソフト,新CPUのバランスがまだ悪いような気がしてる.この解消には,デベロッパ等の順応も含め,まだあと2~3年かかると思われる.
 特にPhotoShopCS3のウィンドウ操作(画像解像度変更等)が異様に重たくなり,非常に不便になった.画像の処理自体は劇的にスピードアップしたのだが,どうもFinder周りがしっくり来ていないようだ.


 結局,ソフトを全てユニバーサルバイナリに移行できるか否かにかかってるのかも知れない.CS3はユニバーサルバイナリ対応と聞いたんだけどね.


 ちなみに処理速度は,PowerPC G4の1.25GHz2個からCore 2 Duo 2.4GHzとなったことで,半端なく向上しているようだ.フルハイ画質の動画も問題ない.
 ならなんでFinderが…??? と思うが,まあそれはそれとしておこう.

 前のMac同様今後7年間…は無理かも知れないが,3年半はもつと信じたい.


 ところで今回の買換は,2つに重点を置いた.

 ●高価格高性能高拡張マシンの長期所有から,低価格中性能低拡張マシンの高頻度買換へ
 ●小容量複数分散保存から,大容量小数RAID保存へ

 である.

 前者は,PCIバスを結局1個も使わなかったことによる.それに技術の進歩が早すぎるので,対応するにはしょっちゅう買い換える必要があるからである.

 後者は,今までは80~400GBの内蔵HDDで,OS及びアプリ用,データ用,キャッシュ用,マルチメディアデータ用(iTunesデータ等)と分離していたものを,内蔵350GB1台と外付けRAID2GB2台に置き換えた.
 Mac本体の内蔵ドライブがOS・アプリ及びキャッシュ用,外付けRAIDがデータ用である.
 RAIDの1台はMacとFireWire800で直結,1台はNASとしてLANに接続,PS3(dlna機器)や他のMacとのデータ共有にも使うことにした.

 今のところ,NASドライブがMacと連動して起動してくれない他,機械の相性の面での問題は起きてない.
 機械はLS-WX2.0TL/R1(http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-wxl_r1/)である.

 Mac直結の外付けドライブはこれ.
 Twin RAIDer EZ 林檎派 [RGH35TRE-M20001] (http://www.akibakan.com/100001akibakan/shop/product/detail.do?shopId=100001&pfid=BCAK0015811&sku=BCAK0015811A&pdListCf01=sub_menu.html&pdListCf02=&pdListCf03=&pdListCf04=&pdListCf05=header_tab_mac.html&pdListCf06=exhdd.html&pdListCf07=&pdListCf08=&pdListCf09=&pdListCf10=
 意外と小型で驚いた.
 音も静か.
 ただちょっと,フロントパネル全体が青く光るのはちょっと怖い.
 Mac miniからFire Wire800でこれに接続し,こっからFire Wire400で,今までは内蔵にしていた本来外付けのDVD-Rドライブを接続.さらに使ってない外付けHDD80GBに接続.その先は必要に応じてDVカメラを接続する.
 システムのバックアップ機能,TimeMachineも,このドライブに設定してある.

システム図

 で,残るはMac miniから出力するオーディオ周り.
 友達が安価(?)で売ってくれるというAVアンプを活用できるのか,はたまたDAC内臓またはセパレートでヘッドホンアンプを買うのか….
 その辺はまだ未定だ.

 CEATEC(家電の見本市)が秋にあるので,その動向も見守らねばなるまい.


 そんな感じで僕のMac環境移行は,そこそこすんなりいったのである.

ホタMacその他

 あ,忘れてたけど,前のMacから新しいMacへは,Fire Wire(またはイーサネット)でダイレクトに接続してデータを移行できる.前のMacをドライブモードにしてコピーするわけだ.この辺は新型Macを起動したら,順に教えてくれるので誰でも簡単にできるだろう.
 問題は,完璧にセッティングした後に電源を入れた場合である.
 せっかく接続したケーブル類を外し,やり直さねばならない.なので,データの移行が終わってから,セッティングすべきである.

 僕はそれを知らなかったので,二度手間であった.
 ま,些細な問題かもだけど.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

草木一山

Author:草木一山
15年来のMacユーザーな同人マンガ描きのオタリーマン.家族と自転車とアニメが趣味.
http://wistariya.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。