スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K-701を買っちゃった.

 アカゲの澪フォン
 その筋の人ならこのヘッドホンのことをそう呼ぶかも知れない.

 かく言う僕も,実はこのヘッドホンを知ったのは,『けいおん!』である.しかし買ったのは,それに影響されたからではない

 とは言え,今まで「デザインが気にくわない」という理由でヘッドホンというものを無視していた僕に,かっこいいヘッドホンがあることを教えてくれたのはあの作品である.
 そして,オーディオの一つとしてヘッドホンもありかも知れない,と思うようになった.


 そんな前置きがあったところへ,先日偶然,オーディオ関連の知り合いができた.その子が,日本橋にイヤホン・ヘッドホンの専門店,e☆イヤホンがあることを教えてくれた
 そこでヘッドホンにも中古が存在することを知った.


 時同じくして,僕にはパソコンの買い換え計画があった.
 で,悩むこと2ヶ月,7年来使っていたPowerMacintoshG4/Dual 1.25GHzから,Mac miniに決めた.

 ところでPM G4では,AppleのPowerMacintoshG4専用のスピーカーを付けて音楽を聞いていた.丸目玉の透明なやつだ.
 だがこのスピーカー,Mac miniには使えない.なぜならMac miniにはPM G4に搭載されている,専用のアンプがないからだ.当然,専用端子もない.


 じゃあいっそスピーカーは廃して,ヘッドホンに代わりをさせてみるのもアリなんじゃないか?
 そしてどうせならちゃんとしたヘッドホンを買ってみてはどうだろう.知らない世界に手を出してもいいのではないか.


 そんな軽い考えで,ヘッドホンを買うことにした.しかもデザインのみで選んで,AKGのK701とK601のどっちかにしようと思った.


 決めたのだけどやはり高価なもの,2~3週間は悩んだ.当然,インターネットで値段やレビューを調べまくった.
 そしたら,K701はモニター用という,元の音を味付けしないヘッドホンらしいことが分かった.K601は,ちょっと味付けするようだ.色も違う.
 この時点で,僕にはK701なんじゃないかとうすうす気付いてはいた.

 K701の値段は,サウンドハウスというお店の通販なら,新品でも30800円.だけど日本市場の相場は,7万ぐらいである.
 やはり高い.

 その後,専門家の意見はどんなもんかと思い,ヨドバシ梅田やe☆イヤホンに足を運んでみた

 話を聞いていると,なんとなく予想したとおり,僕の用途にはK701が合うようだった
 と言うのも僕は以前,ジャズライブの音を家の中でも再現したいと思い,ピュアオーディオの入門機を買ってた(後述)からである.そういうのに向いてるのはK701なのである.


 で,結局e☆イヤホンにてK701の中古を24900円で購入

 ずいぶん長いこと話に付き合ってくれたお礼もあるし,友人の贔屓の店でもあるし.
 それに,初めてのジャンルに3万以上出すのはしんどい.
 中古の現物を見ても新品と何が違うのか分からなかったし.
 通販だと注文してから2~3日かかるが,店で買うと帰宅後すぐ使えるし.
 中古ならエイジングとやらもいらんだろうし.
 イヤーパッドが気になるなら交換すればいいし.(交換したら+5000円で,新品と同じぐらいの値段になるけど)


 帰宅して早速使ってみたら,感動した

澪

 僕はもともと安いヘッドホンを持っていた.
audio-technicaの,ATH AD-300というものである.開放型.
 PowerBook G4/400で,DVDなどを観るために買ったものである.確か5000円ぐらい.

 聞き比べるため,まずこいつをmarantzのCDチェンジャーCC4001に接続して音を覚えた.


 次いでK701.驚いた
 最初,聴いたことがない音が出てきたからノイズかと思った.でもそれは楽器だった

 こんなに音が鳴っていたのか?
 それでいて混乱しておらず,爽やかでハッキリしている.

 これが音の「高」解像度というものか…?! 初めて理解できた.


 前述した通り,僕は普段,入門機のピュアオーディオで音楽を聴いている.
 QUADの11Lというスピーカー,アンプはC.E.CのAMP3300Rである.
 予算10万円で,ジャズCDをライブ品質に近い音で聴きたいため,日本橋の逸品館というピュアオーディオ専門店で見繕ってもらったものである.

 初めてこれで音楽を聴いた時も聞こえてなかった音が聞こえ,ちゃんと楽器の音がするので感動した

 だがK701は,それ以上の感動があった.
 高解像度に加え,音が色っぽいのだ.踊りたくなった.


 ところでK701を鳴らすには,ヘッドホンアンプが必要だとインターネットなどに書いてある.お店の方によると,それは音量が必要だかららしい.実際K701は,同じ音量だと,ATH AD-300よりも音が小さく聞こえる.
 しかし音量がちゃんとあるプレーヤーであれば,ヘッドホンアンプは必要ないとのことであった.
 marantzのCDプレーヤーは,音量ダイヤルの半分も回せば,十分な音量が確保できた.普段は3分の1ぐらいでいいと思われる.(ちなみに僕が持っているアンプにはヘッドホン出力がないので,CDプレーヤーに直接K701を差して試聴している)


 ひとしきり堪能した後,ヘッドホンをもう一度ATH AD-300にしてみた.
 同じ曲が,同じ音量だとうるさくて聴いてられん
 しかも曇ってるように聞こえ,ズンドコばっかりうるさい.どっかの野外イベントで,スピーカーの真ん前に立っているような感じだった.
 そういうシチュエーションが好きならこれもアリなのだろうけど,僕にはちょっとしんどい.

 さらに聴き比べるために,K701に戻す
 シンバルがシンバルくさい.ちゃんと再現されてるんだな~と思った.
 あと,大変軽やかである.
 image3など,全く別のCDみたいである.

 オーケストラが見える…そんな印象も受けた.


 で,だ.


 ピュアオーディオ方面は,元が良いので気持ちよくて当然.
 本来の目指した用途,パソコンに接続してみたらどうなるのか
 それが重要である.


 まず,Macに,アンプ代わりにPanasonicのバブカセ,RX-DT909を接続.そのヘッドホン端子でK701を使ってみた.
 同じ曲なのに,一気に曇ってしまった
 正直,テンションだだ下がり.

 定価8万のCDラジカセだぜ.バブル期設計の.もうちょっといい音すると思ってたんだよ.
 だが,所詮ラジカセはラジカセだった.
 ただ,音量は問題なしであった.


 次いで,Macそのものに接続してみた.
 こちらも音が濁っているように思えた.
 ただし音量はある….


 この時点で僕の,「パソコンのスピーカー代わりに,高級なヘッドホンという選択肢もありじゃねえの?」という思惑が,いかに浅はかであったかが分かった.


 と言うか,ただのMacにK701はもったいなすぎた.
 ヘッドホンという世界を甘く見ていた.

 ヘッドホンファンの皆さんごめんなさい
 土下座します.


 その後同じCDを,今度は昔から持ってたTEACのLDプレーヤー,LV-2600に入れ,K701で聴いてみた.
 maranzよりは堅めな印象だったが,いい音であった.ホッとした.


 と言うわけで,将来Mac miniにK701を使う場合,何かしらの音質向上策が必要であることが分かった.

 どうやらUSBかFireWireでデジタルのまま出力し,DACを通してヘッドホンアンプに入力して聴くのがいいらしい.
 DACが3万5000円ぐらいから,それなりのヘッドホンアンプはaudio-technicaので1万ぐらいからある.(ヤフオクなら中国製の,USB経由のDAC内臓ヘッドホンアンプが7000円ぐらいである)


 でもどうせなら,CDプレーヤーからの光入力と,パソコンからのUSB入力を持ったものが欲しい.電源はUSBのバスパワーではなく,専用電源がいい

 となると,DACとヘッドホンアンプ一体型のもので,FOSTEXのHP-A7というのがある.だがこれってばなんと中古でも5万5000円.新品だと7万である.


 正直,今はしんどい.


 友達がAVアンプを譲ってくれるという話もあるし….


 となるとそのAVアンプに,光ケーブルでMac miniやCDプレーヤーを接続し,ヘッドホンアンプだけ1万ぐらいで買うのもアリかな~とも思った.
 ただ,USB出力ではなく光出力の場合,音質向上が見込まれるのか不安は残る.
 試したことはないのでやってみる価値はあると思うけどね.なんせ安くつくし.
 どうしても気になるなら,ヤフオクで中国製DACを試すのもアリと言えばアリ.

 それでもダメなら,パソの音はこんなモンだと思って諦めよう.
 お金を貯めて良いのを買っても良い.


 ちなみにiPod touch 8GBにもダイレクトにK701を接続してみた.こちらはなんと意外や意外,Mac本体よりもいい音がした.


 もしかしてMacでは,CDドライブでCDに録音された音楽を聴いたのがまずかったのだろうか.HDDに保存されたものなら,もうちょっと音が良かったのかも知れない.mp3でも.


 いずれにせよ,しばらくK701は,marantzのCDプレーヤー専用である.


 ところで,K701で問題視されているヘッドホンバンドの突起による頭痛だけど,2~3時間使っても,僕は全く気にならない.軽いので全然疲れもしないし,イヤーパッドもふわふわしてて大変気持ちよい.
 ただ,耳が痒くなった場合,ヘッドホンを外さないと耳がかけない.しかし外すと音が聞こえなくなるので,我慢することになる.
 あと,左右からちょっとした圧力で押されているので,口が勝手に開くような気がする.この辺はヘッドホンならではって感じ.


 そんなわけでK701,当初の目的が簡単には達成されないことが判明したんだけど,買い物としては大変大変満足できた.

 メカ好きとしては,今後のシステム構築をどうするか考えるのも楽しみである.2010年の秋頃には新製品が出てくるだろうし…そうなると現行商品も安くなる…かな??
 ま,今は悩まず待つのみである.


 ちなみにK701,上にも書いたけど僕みたいに女性ボーカルの歌や,イージーリスニングやジャズを主として聴く人には最適ということである.なのでロックなど激しめな音楽をお好みの方には合わないかもしれない.
 もしかしてこれを読んでK701を買おうと思った方がいたら,その辺ご了承を.


 以下,e☆イヤホンで聞いた話を箇条書きにして終わる.


新型はヘッドバンドの突起が7個から8個に変更されており,頭のてっぺんに突起が当たらないようになっている.その他のデザインや性能は同じである.

K601よりもインスト系,女性シンガーの歌向け.艶やかな音.

●イヤーパッドはへたると青みが薄れていく.中古でも意外と汚れてない.

●イヤーパッドは両面テープによる接着式と思われる.交換用は5500円ぐらい.

ヘッドホンアンプは音量不足を補うためのものなので,音量が十分確保されているなら必要ではないかも知れない.まず音量ありきなので.

●傷あり商品でも,傷は気付かないレベル.

●メーカーの説明書はカタログレベル.パッドの扱い(交換方法など)は記載されていない.

●付属品は,台と変換コネクタと説明書のみ.箱があるなら箱も.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

K701がもったいない

K701はヘッドホンアンプ通さないと実力なんて発揮出来ないよ、音量だけ大きくなるアンプなんて安物、まともなアンプなら音質も向上する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

草木一山

Author:草木一山
15年来のMacユーザーな同人マンガ描きのオタリーマン.家族と自転車とアニメが趣味.
http://wistariya.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。