スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートベルトからヒントを得て作られたらしいフォールディングバイク,Ori Bike M10買った!

 2011年11月某日,大阪北浜のミニベロ専門店LOROにて,ここ2~3年ぐらいに出てきたフォールディングバイク,Ori M10を買いました.

 Ori-Bike.jpg

 発端はしまなみ海道輪行にて拝見したブロンプトン.その折り畳み機構に惚れ込みまして,フォールディングバイク欲しいなーと.


 で,当初はブロンプトンを考えてたのですが,ブロンプトンに試乗してみますと,もうハンドルがグラグラでして.こりゃ僕には無理だと.
 単にアンダーステアなだけかも知れませんけど,一気に選択肢から消えたのであります.

 対抗馬としてBD-1もありましたが,こちらは無駄に高すぎます.ロードに乗っている私としましては,フォールディングバイクにそんなに金をかけてどうするのーという気がしますので,却下.
 その上ネットで検索してみましたら,設計ミス車だとか,転け易いだとか,フォークが折れただとか,不安しか感じない記述がチラホラありまして.
 フロントサスがあるのも私的にはマイナスでした.以前フロントサス車に乗っていて下り勾配の急ブレーキで前に吹っ飛んだ(当たり前)ことがありまして.それ以来,サスだけで数万円するような自転車以外,フロントサス車は乗らないことにしているのであります.

 サス事故

 昔描いた絵ですけど,アホすぎて笑えますなぁ.我ながら.ww


 で,悩ましいツイートをしていますと@でOri Bikeの存在をお教え頂き,紆余曲折の末,ブロンプトンと似た折り畳み機構を持ち,BD-1よりはコンパクトになり,フロントサスがなく走行性能はそこそこ価格が一番お手頃Oriに決めたのであります.

 ちなみにOriも,店員さんはハンドルがカタカタ鳴ることがあるとかおっしゃってましたが,そこは一種の賭けと言いますか,清水の舞台から飛び降りる…とまで言うと大げさですが,人柱になる気分で買ってしまったわけです.
 ちなみにそのカタカタは,どうもハンドル周りにネジが多いからだそうです.いくら締めても駄目みたいです.
 これから先,僕が買ったのも鳴るかどうかは不明ですが,注視していきたいポイントですね.(追記:その後の記事はこちら


 ちなみにお値段は,

●本体が13万程度
●キャリアが1万2000円
●キャリア用のコマを交換して5000円
●純正輪行袋が2500円程度
●ライトが3000円程度
●前後のチューブが1600円

 で,現金払いならではの5%引きで14万6000円強でした.
 いろいろ加えてもBD-1のスタンダードと同じぐらいなのは,さすがOri Bikeですね.


 それにしても自転車屋というものはどこでも,現金払いであれば5%引きですよね.(逆にクレカ払いだと5%アップと言う店もある)


 で,納車後即,LOROから自宅まで自走で帰ってきたわけです.
 慣れない小径車,走り出しは若干よろけましたけど,その後は順調でした.

 特筆すべきは,うっかり歩道を走ってて横断歩道のないでっかい交差点にぶち当たってしまったとき,気軽に陸橋の上を,Oriをかついで走って行けたことでしょうか.
 なんだか,障害物や距離なんて気にならない乗物,それがフォールディングバイクなのかも知れませんね.(距離は,輪行すればいいという意味で)


 以下,セッティングが合っていなかったことを含め,感じたこと及び帰宅後の対処.


1:ハンドルバーが長すぎる

 グリップ同士が遠く,私(肩幅37cm)には腕が開きすぎる感じでした.
 ですのでグリップの端をぶった切り,グリップとブレーキレバー,シフトレバーなどを2cm程度内側へ移動させました.

 グリップ

 測ってみたら,前まで乗ってたクロスバイクのハンドル幅が530mm程度なのに対し,Oriは580mm程度もあります.そりゃ遠いはずですね.

 今後,バーエンドを装着し,余る部分はパイプカッターで切り落とそうと思います.


2:ハンドルが高すぎる

 これはアーレンキーで簡単に下げられます.ほとんど一番下ぐらいまで下げました
 若干アンダーステア気味だったのもこれで改善されるかも知れません.

 と言うか小径車は,前輪にもある程度荷重を載せるべき乗物なんだろうな,と思います.


3:左ブレーキが重い

 後ろのVブレーキ,効きが悪いわけではないのですが,レバーの引きが若干重たいんですよね.ググってみると,折り畳みなので仕方ないという話もあるんですが,これはちょっと要調整ですね.

 とりあえずブレーキインナーケーブルにグリスを塗っていないようですので,今度ブレーキレバーを交換するとき(後述)にグリスアップしようと思います.
 と言いますのは,以前2.5万ぐらいのフォールディングバイクに乗ってたときも,やはりブレーキが重たかったんですよね.その時はshimanoのマウンテンバイク用ブレーキインナーケーブルに交換,組むときにshimanoのデュラエースグリスを塗ったのです.結果,ブレーキの引きは劇的に改善しました.

 ちなみにお店では,純正よりは若干いいインナーケーブルをサービスで入れてくれてたはずです.

 (追記:その後の記事はこちら


4:リアのブレーキインナーケーブルのセッティングが短い

 実はいきなりタイヤチューブを仏式バルブに交換したのですが,リアVブレーキのインナーケーブルがやたらと短く接続されてまして,タイヤを外そうとした際にVブレーキを開けなかったんですよね.

 Vブレーキ

 しかもそのせいでハンドル位置によってはブレーキシューがリムに当たりっぱなしになるんですよ.ですのでちょっとケーブルに余裕を持たせました.
 そうしますとブレーキレバーの引き幅が大きくなりましたけども,これはブレーキレバー交換(後述)で調整できるかな,と.


5:前輪はモンキーがないと外せない

 前輪を外すにはクイックを抜かねばならんのですが,先っぽに回り止めのナットがはまっております.これがそこそこ固いので,モンキー登場となりました.

 パンク修理用の携帯工具として,スパナかモンキー,ラジオペンチ等(またはその代替品)が必要と思います.


6:ブレーキレバーが遠い

 私多分,男にしては手が小さいと思うんですよね.なのにOri Bike M10に付いているブレーキレバーは,ハンドルからずいぶん遠くにあり指の先っぽがかかるぐらいのです.
 ロードバイクで下ハン握っている時と似たような印象でしょうか.違うのは,ロードバイクのレバーがほとんど力を入れずとも引けるのに対し,Oriのそれは重いところ.
 重くても指の第2関節ぐらいでガッチリ握れていればどってこと無いと思いますが,第1関節だけではしんどいんですよね.

 ですのでブレーキレバーを手前にセッティングしようとしたんですが,どうもこのレバー,大変しょぼいものらしく,設定用ネジ(らしきもの)を回してもいっこうに変化がないんですよね.以前乗ってたshimanoのVブレーキ用レバー(BL-M421-L ブラック Acera)だと,ネジを半回転するだけでもみるみる調整している様が見て取れたのですが.
 そんなわけで,今度こちらに交換します.


7:56Tのクランクは重いのではないかと思っていたが,56T必要

 ロードの世界で考えると56Tなんて化け物クランクですよね.
 これで登り勾配なんて無茶もいいトコ.
 ですが,Ori M10の場合,今回走った大阪の上町台地越えぐらいですと,56Tのサイズで全く問題がなかったと言いますか,ロード乗りにはこれでも物足りないぐらいなのではないかと思います.
 小径車(16インチ)とロード(700-23c)のタイヤサイズの違いが,ここまでギア比に影響してくるとは思いませんでしたね.

 正直なところ将来ロード用のクランクに交換するのも有りかなと思ってましたが,このまま使います


8:停車状態から走り出すときに,若干よろける

 慣れてない最初の頃だけでしたが,走り始めに若干よろけました.
 これは多分,重心がやたらと高いことに原因があるような気がします.それと転がりの悪さ
 ロードだとサラッと転がりながら比較的低重心なのでスッとバランスが取れるのですが,小径車だと転がらない上に重心が高いので,体が先に前に出たがってしまい,そのせいでチャリと体の荷重バランスが悪くなりアンダー気味なステアリングも手伝い,よろけるのだと思います.
 Oriだけでなく,あらゆる小径車がそうなのだろうと思います.

 これはこういうものだという認識で乗る必要がありますね.


9:ディレーラーのチェンジ精度が低い

 走行中,何度かチェンジしなかったり,飛んだりしました.これは要調整ですね.
 そもそもシフトレバーがshimanoのフラットバーロード用10速対応のSL-R770,ディレーラーがshimanoの105,スプロケがSRAMの10速(11-28T)という,何とも統一感に欠けるセレクションなので,まあ仕方ないのかなという気もします.

 将来どうしても気になったら,スプロケも105にしてみようと思います.とりあえずメーカーは統一したいですしね.


 そんなわけでいろいろ書きましたが,ブレーキレバー以外は良いチャリだと思います.
 走行性能は問題なし,ブレーキもちゃんと効くし,セッティングを出せば体にもフィットします.
 見た目もカッコいいし折りたたむと小さいし,何より接続部分がワンタッチなのが良いですね.折り畳みもあっという間ですよ.

 Oriのサイズ

 なんとロードのタイヤとほぼ同じサイズ.


 今後,サイコンバーエンドを付けて,ハンドルカットして,ブレーキレバー交換してブレーキインナーケーブルをグリスアップしたら,私的に満足行くチャリになると思います.
 初期投資の他1万円ぐらいかかりますけど,まあこれは仕方ないのかなと.

 で,あらゆる旅行のお供にこいつを連れ出したいですね!

 Ori-Bike観月
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

草木一山

Author:草木一山
15年来のMacユーザーな同人マンガ描きのオタリーマン.家族と自転車とアニメが趣味.
http://wistariya.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。